FC2ブログ

スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋上ウッドデッキ完成! 住宅・家

02.22.2010 Trackback:0Comment:0


屋上ウッドデッキが完成した。
38mm厚のレッドシダーのウッドデッキ。
これだけ分厚い板のデッキもなかなかない。
今回は屋上でコンクリートの上なので
あえて根太とかに固定せずスノコ状にした。
1.9m×45cmの大きなスノコを9枚敷き詰めた。
木の暖かさが広がり雰囲気ががらりと変わった。
思わず寝転がって昼寝でもしたくなる(-_-)zzz

大きめのプランター3つと桜(染井吉野)の鉢植え一つ。
もしかしたら4月には花見ができるかも。
2月で苗があまりないのでプランターには何も植えていない。
ハーブと野菜を植える予定。

葉が茂るとナチュラルな雰囲気にまたまた変化していくことだろう。
小さいながらも楽しみな屋上緑化なのであった。

オープンハウス中なので是非ご覧あれ。

(KOBITO)


スポンサーサイト

杉本の家 漆喰 塗り壁 住宅・家

01.17.2010 Trackback:0Comment:0
漆喰壁

ダイニングキッチンの仕上げは漆喰塗り壁です。

塗りムラも目立たない程度に残し、部屋全体の質感はグッとアップします。

使用している塗り壁材は、ドイツのプラネット社製 マーブルフィールです。

この製品は欧州各国で使用され数百年もの歴史があります。

100%天然素材で、調湿効果、抗菌作用も期待できます。

和室(畳)スペースにも違和感なくなじみ、落ち着いた空間が出来上がりつつあります。


杉本の家 和紙 壁紙 住宅・家

01.15.2010 Trackback:0Comment:0
和紙

三階寝室の壁紙です。

材質は土佐和紙(とさわがみ)です。

東の高窓から差し込んだ光が和紙に柔らかに反射し、部屋全体がやさしい光
に包まれまれています。

和紙といっても壁紙に使用するものは丈夫で簡単には破れません。

また、ビニルクロスは静電気でほこりを吸いつけてしまい、年月が経つと黒っぽく
なってしまいますが、和紙はその心配がありません。

ただ、水汚れに弱いのは事実です。

この家では、トイレ、洗面などの水周りはビニル系のクロスを使用しています。

自然素材一辺倒ではなく適材適所で仕様を決めています。

杉本の家 タイル工事 住宅・家

01.14.2010 Trackback:0Comment:0
タイル

キッチンガスコンロ前はタイルを張ります。

既製品のキッチンパネルでは味気ないので、
キッチンを製作してもらった”木人キッチン”
高山さんと相談し、5cm角の小さめの白色のタイルを選びました。

汚れのことそしてデザイン的なアクセントを考え、目地(タイルと
タイルの3ミリほどの隙間)はグレー色で仕上げます。

レンジフード、ガスコンロトップそしてシンクも白で統一しています。

仕上がりが楽しみです。

セルロースファイバー断熱と結露 住宅・家

01.13.2010 Trackback:0Comment:0
セルロースファイバー


これまで断熱材にセルロースファイバーを何棟も施工してきましたが、
冬場の結露の発生についての問題は解消することが出来ませんでした。

ペアガラスを使用しても、サッシ枠そしてその周辺のガラス部には水滴が出てしまいます。

特に寝室の結露は多いです。朝方の冷え込み、そして呼気から発生する水蒸気により
結露が発生しやすい環境なのです。

セルロースファイバーの断熱性能は非常に高いのですが、結露の問題はつきまとって
いました。

そこで昨年建築させていただいたお客様のお家の建築である試みをさせてもらいました。

これまでも内装仕上げ材には通気性のあるものを使用してきました。

それだけでは十分ではないと考え、下地材にも通気性のある商品を探し使用しました。

効果はありました。

そのお客様から”結露は無いですよ”との連絡を先日受けました。

これまでは、あまり問題視していなかった下地材(プラスターボード)で室内で発生した水蒸気が止まってしまい、セルロースファイバーの吸湿効果が発揮できていなかったようです。

もしかすると他の断熱材でも通気性、吸湿性能をもつプラスターボードを使えば、結露の問題は解決されたのかもしれません。

今後の研究課題です。






 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。