FC2ブログ

スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陀羅尼助 携帯ケース ブログ・日記・エッセイ・コラム

01.13.2010 Trackback:0Comment:0
陀羅尼助ケース

天川村に初詣に行ったときに 洞川温泉で売っていた「陀羅尼助 携帯ケース」
発見した天の木ネットのメンバーは、思わず購入~。100円也~。安い
 
陀羅尼助というのは この地域で昔から愛用されている胃腸薬なのである。
ただ、大人であると30粒もの量を飲むことになり、30粒ずつビニールの袋に小分けにしてあるか、
または、大きい袋に入っていて専用軽量スプーンなるもので、すくって飲用することになる。
環境のためには大きい袋のほうがいいのである。
ただし、写真のような袋に入っているので持ち歩くのには何かに入れねばならない。

そこで、この携帯ケース。これはスグレモノなのである。
陀羅尼助を適当に入れておいて、ケースをスライドさせると1回で15粒出てくる。
2回スライドさせると30粒ちょうどになり、見た目もスッキリとしていて良いのである。
それにしても他に何か用途はあるのだろうか。
陀羅尼助のためだけに開発されたものなのか。
とにかく、陀羅尼輔にとってはスグレモノなのである。
(Gen)   
スポンサーサイト

テーマ:贈り物・プレゼント - ジャンル:ライフ

クリスマスの朝に ブログ・日記・エッセイ・コラム

12.25.2009 Trackback:0Comment:0
天川村の小学校

メリー・クリスマス

大阪の朝は少し寒さが和らいでいます。


写真は、天川村の杉を構造材に使った小学校です。
とても温かみのある空間となっています。
木の空間のもつ魅力です。

この学校の子供たちには、どんなに楽しい
プレゼントがあったのでしょう。
 
大人になってもサンタクロースには
会いたいものです(笑)

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

師走 ブログ・日記・エッセイ・コラム

12.11.2009 Trackback:0Comment:0
天川の丸太

もう今年も後、3週間ほどで終わってしまいますが、
皆さん 元気でお過ごしでしょうか~。
 
個人的には今年は夏の山登りにも参加できず、
「ああ~天川村にしばらくいっていないな~」と。
 
山へ行き杉の木をみて、心和ませたい気分です。
そして天川の美味しい食べものも・・・。

写真の丸太は 天川村の製材所にあった丸太です。
木目細やかな木目にはほれぼれします。 
他所とは、植林の仕方が違うのですね~。
 
このブログにはなかなかアップできませんでしたが、
今後は、ちょくちょくアップしていきますので
よろしくです~。

~G~

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

ちょっと変わった木の話を ブログ・日記・エッセイ・コラム

09.25.2008 Trackback:0Comment:0

事務所においてあるミニコンポの音が、あまりにも寂しい。
で、お客さんのところへ行く道すがら、日本橋の逸品館というオーディオショップに寄ってみた。
小さくてマシなスピーカーでもないかな と思って店員さんに聞いてみると、良いものがあるという。

出された物は、積み木のような四角い木。
黒檀3.5センチ角に切った物。

これを、スピーカーの下に引くだけで、音が変わるという。
一個400円なり。
スピーカー1本に3個いるので、ぜんぶで2400円。
高いような安いような。

でも、スピーカーを買うことを思ったら、桁違いに安い。
逸品館も、商売にならないことをよく教えてくれたもんだ。
ありがとう。

さて、本当に効果があるのか、事務所にもどると早速試してみた。
たしか5万円くらいのミニコンポを半値近くで買ったような記憶がある。
この安物君がどこまで化けるか。

kokutan.jpg

書類棚の一番上に鎮座している小型スピーカーをちょいと持ち上げ、奥に1個手前に2個つっこむ。
ん?
なんだか、音の奥行きが出たような。

少し離れて左右を聞き比べると、なるほど全然違う。
平面図とパースの違いだ。
入れた方は明らかに音が立体的になっている。

これはすごいと感心しながらもう片っぽのスピーカーにも黒檀の下駄を履かせる。
うん。
これくらいの音が鳴ってくれれば、BGMとしては良いんでないの。
スピーカーコードを普通の電線みたいのから、ちょっとコマシなものにすれば、ばっちりかな。
逸品館さん、当分買い物はしません・・・


それはともかく、木の話。

そういえば、スピーカーの箱も木だ。
ウチのはニセモノの木だけれども、良いやつは本物の木を使った物が多い。
さらに、スピーカーの振動板というかコーンも木のものがある。

木には、柔らかさと堅さの様々なバリエーションがあり、どちらにしてもほど良い加減というものがある。
しかも、薄いコーンにまでなってしまうほど加工性がいい。
だから、音の環境でも、木はたいへん重宝な材料なのだろう。

こんなところでも、木の力を見つけてしまった。


ブログ開始 ブログ・日記・エッセイ・コラム

09.29.2007 Trackback:0Comment:0
奈良県天川村の杉を知っていただくため、「木の家ネットワーク」
ブログを立ち上げました。

様々なイベント、木の話、住宅の話などを交えながら楽しくアップしていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。