FC2ブログ

スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅はつづく イベント・企画

10.21.2007 Trackback:0Comment:0
20071021110105
ブログをアップしようと思いつつ、面白くってなかなかアップできなかった。今日は朝から遊歩道を散策。
スポンサーサイト

新聞 山・森林・木

10.20.2007 Trackback:0Comment:0
20071020131704
今回の旅は10月17日の毎日新聞に掲載されたが、間伐中に毎日新聞の記者が取材にきた。森林組合のほうからいわれて来たらしいが 偶然同じ新聞社だった。

写真は取材を受けている山岸氏。

間伐 イベント・企画

10.20.2007 Trackback:0Comment:0
20071020121605
木の説明を受けて早速間伐開始。面白い!!!

テスト イベント・企画

10.19.2007 Trackback:0Comment:0
土曜日にツアーへいったときにブログをアップしたいので 携帯からアップできるか試しにアップしてみます。

うまくいけば、リアルタイムにアップしてみます。

木の命にふれる旅 未分類

10.01.2007 Trackback:0Comment:2
奈良県天川村森林組合が主催する「木の命にふれる旅」について。

木の家を設計する建築家グループ「木の家ネットワーク」は、その趣旨に賛同し、お手伝いをしています。

この旅について、私、明月社・山岸の思いをちょっと書いてみます

私たち先進国の人間は、目先の快適さを追求するあまり、自らもまた環境の一部であることを忘れて、命の大切さをないがしろにしてきました。

家をシックハウスに仕立て上げ、日本の山の木を死滅寸前に追い込み、他方で外国の木を乱伐し、省エネと称する家電を大量に抱え込みながら、快適な住まいづくりに余念がありません。

より広く見渡せば、こうした行為の先に石油や希少金属をめぐる争奪戦があり、この文章を書いている数分の間にも、戦争や飢えによって何人もの子どもたちが亡くなっています。

このような命のアンバランスに目を向け、少しずつでも何かを始めていきたい。私自身は、そんな思いで日本の山と関わり、木の家に取り組んでいます。

山の命、木の命から、人間もまた多くの命の中にあることを感じ取る。それが、木の家に住む真骨頂であると思います。

木の快適さも扱いにくさも、すべて木の命として受け入れることが、木の家に住むということです。そうした姿勢は、住まい手が、木の生きてきた山と関わることで醸成されます。

まずは見に行くことから。やがては、苗木を植え、草刈りをし、枝打ち、間伐などなど、継続的に山の命に関わっていって欲しいと思っています。
(多くの方がご存じのように、国土の4分の1を人工林にしてしまった以上、山は、適度な手入れをしなければその命を全うすることができません。)

shokurin.jpg


今回の「木の命にふれる旅」は、初めの一歩です。

木の住まいに関心のある方、山の荒廃に心を痛める方、環境問題に具体的に何かやりたいと思っている方に参加していただきたいと思っています。
ぜひご検討ください。

なお、下記のブログにTBさせていただきました
差し付かなければお付き合いください

alohaのalohaライフ♪ さま
駿河木の家日記 さま
日本の住まいを良くする無垢材研究会 さま
手づくり木の家万歳!たつろうの幸せ日記 さま



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。